PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   拍手する



| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

QJより、やっぱWJっしょ♪

今更ですが、クイックジャパン86号、銀魂特集の話です。
ぶっちゃけクイックジャパンは読んだことも見かけたこともなかったので、どうやって手に入れようかな?と少し悩みました。
都市圏では10/10発売で地方では10/13以降という情報だったので、一番早く手に入るところで買おうと思ったんで。
密林で予約してたんですが発売日(10/10)に届かないだろうし、こちらで発売日に手に入るなら本屋に行く方がいいな......ってことで1週間前に近所の本屋へ入荷予定を確認しに行ったんですよ。
遠い方の大きい本屋へ。

そして店員さんが入荷予定ファイルを必死で探してくれた結果、「10/13発売」とのお返事。
そっか。例え大阪でも、やっぱり田舎はダメなんですね(笑)
なので諦めて密林で購入しました。
まね、寝込んでたので結局どこで買っても同じ結果になった訳ですが(^^;

一時期、売切れて再入荷が未定っぽかった密林も、今は1週間程度で発送されるみたいですね。
もしかしてすっげぇ売れてるんじゃね?銀魂特集のお陰じゃね?感謝しろよ、QJwww

さてQJですが、“サブカル本”という言葉から私がイメージするモノとは少し違ってました。
なんつーか、サブカルチャーという言葉が本来持ってたエスニックやらマイノリティという要素は薄く、かといって昔の宝島のようにマイナー志向のカルト趣味やポップカルチャーに走ってる訳でもなく、取りあげているモノの多くは思いっきりメジャーなんだけれども、それでも既存の価値観にちょっと反抗する気分だけは盛り込んでマイノリティを気取ってみせる、そんな雑誌でした(笑)
あぁ。それこそまさにサブカル本ってことかな?まぁいいや。
という訳で、今回は私もQJっぽく語ってみたいと思います!(やめれwww

ぶっちゃけお笑い芸人ネタが多いしね~(^^;
空っちに「水曜どうでしょう」の話を振ったりしてるんですが、それもブレイク前の「水曜どうでしょう」を異例の大特集で紹介した自分達(の選択眼)に対する自負ゆえかと思えたりして、どうもこの雑誌あまり好きではありません。
なので、買わないで立読みでよかったなーというのが今の正直な気分です。
残念ながら読まない部分の多い本って、凄く損した気分になるんですよね~。
結局、銀魂以外で読んだのは「たかじんのそこまで言って委員会」と「タダで世界を変える10の方法」と鳥居みゆき&ガラスの仮面の書評(笑)
鳥居みゆきの本は面白そうだから、ちょっと読んでみたいなv
そんな気分。あくまで気分www


今回の銀魂特集はQJにとって、マイナーなモンを拾ってくる「ネタ選びの確かさ」を強調したいのか、メジャーなモンを取りあげながら他とは違う「斬新な切り口」を強調したいのか知らないけど、ぶっちゃけ私にとって銀魂が凄いのは周知の事実だし、担当編集さん達がいつもより真面目に語ってるだけで空っちのスタンスに変わりはないなと思いました。
だからQJらしさよりも、そこに置かれることでより銀魂らしさが際立ってる気がします。
ただ、みんな語り過ぎてて、それちょっと聞きたくなかったな......という事も無きにしも非ずで(笑)
QJ相手に真面目に答える空っちより、お子様相手にウ○コ&チ○コ(ネタ)を全力で投げる空っちの方が好き。やっぱりQJよりWJだわwww


では本題の、空っちのインタビューと空っち&歴代担当の対談の話を追記から。
すごく簡単に。ベタで。わかりやすく。何の捻りもなく。いつも通りをモットーにお送りします♪
あれ?なんか私、イヤな奴になってる?いや気のせいだ、きっと(笑)



クイック・ジャパン86







   拍手する








ちょっ!銀魂(ぎんたま)のイントネーションは「ユンソナ」と同じなんですか?マジで?
えー私はずっと「ぎんとき」と同じイントネーションにしてました。ぎんときは金時と同じですwww
「ぎんたま@ユンソナと同じ」だとなんだか違うモノみたいな感じで気持ち悪いんですけど?
どうしたらいいんですか、コレ?(^^;
これってオセロの白い方(おい)が“孔子”を“仔牛”だと間違えてたのと同じくらい酷いんじゃない?(笑)
掴みから終わった感がヒシヒシと.....どうする?自分 !? いや、もうどうしようもねぇだろコレwww


気を取りなおして、まずは30歳&30巻突破記念で空っちが30問に答えるFAXインタビュー。
長いです。長くて字が多いです(笑)
語り口調はいつもと同じなんですが、空っちの小汚い字(失礼なこと言うな!w)じゃなく活字で書かれると、なんだか違ったモノのように見えます。でも見えるだけで、やっぱり中身は同じだからwww
読んでみて思ったのは、「ホント、新撰組のことが好きなんだね?」でした(笑)
で、他にも印象に残ったことを何点か書くと......


■「この人(=空っち)は武士道というものを誤解している」

とWJ編集部に言われた話(笑)
銀魂の世界観について聞かれた空っちは、侍(=武士道)のことを描きたかったこと、ならばそれ(=侍)が成立しえない世界であった方が逆に際立つだろうと思ったこと等を上げて説明してるんですが、侍を描くにしても主君への忠誠心をメインにした武士道では共感が得られ難いと思ったそうです。
で読者に共感してもらえるように、もう「こうあるべし」という美意識レベルのとこまで武士道を崩してしまったものだから、編集部に上記のようなことを言われたとwww
うん、もうね、銀さんが持ってて大切に護ってるモンって“武士道”じゃないからね?
アレこそが“銀魂”だから。いいのよ、それで♪


■ダメ人間を受け入れるコミュニティーは、作者にとってのユートピアなのか?

ワンピはチーム感、NARUTOはクラス感、銀魂はファミリー感だとQJが言いやがりまして。
銀魂におけるダメ人間を受け入れる地域コミュニティーの触れ合いの輪が、格別温かいんだそうです。
そういう質問に空っちがホントいい感じで答えてるんですよ!
ダメ人間を描いてるつもりはない、そういう意味でなら基本人間はみんなダメ人間だと思ってると。
ここで私が改めて書き直すのもおこがましいような、イイこと言ってます。
だからここは是非読んでください。立読みでいいから(笑)

私も常日頃から、ほぼ全ての登場人物にマダオだーダメダメだーとなんだかんだ言ってますが、本当にダメな人間だとは思ってないですからね?
マダオスパイラルから抜け出せない長谷川さんだって、本当はダメだって思ってないですもん。
もし長谷川さんが信念曲げて自分を捨てて、それでマダオスパイラルから抜け出したら、その時こそガッカリすると思う。まぁ、どっちにしてもダメはダメ、マダオはマダオなんだけどね?(笑)
だから私は銀魂を読んで「こんな自分でも生きてていいんだ」と思ったことはないです。
いつも「もうちょっと頑張ろう」って思います。
何をどう頑張ろうが結果しか見てくれなくて、結果しか評価されないのが当たり前だと思ってたけど、そうじゃない人がいるんだなってことは凄く勇気と元気を与えてくれるから。
だからもう少し頑張ろうって思える。きっとどこかで誰かが見ててくれるから。
例え本当に誰も見てなくても、自分自身は自分のことをちゃんと見てるから。

そういう「見えない部分を大切にする」、私にとっての銀魂はそんな感じです。
誰も見てないからいいんじゃなくて、誰も見てないからこそ自分に恥じないようにする。
見えてる部分は周りが勝手に評価するわけで、そんな事には振り回されない。
逆に利用する(こらw)、それが銀魂から教わったことかなwww
あぁ、でも。見えてる部分に惑わされず「見えない部分を見てくれてる人=ファミリー」なのかもしれませんね。
長くなったけど、「主人公が変化しない」話にも通じるところがあるかも?(無理やりだな。笑)



■僕も泣きながら描いてるからです(笑)。

笑ってますけど。僕とか言ってやがりますけど!www
あ、「銀魂はなぜこんなに泣けるのか?」という質問に対する空っちの答えです。
これなんだか凄くわかります(笑)
いやいや空っちと自分を比べるなんて畏れ多いことなんですが、自分も趣味で小説書いてた時(既に過去系。汗)に感情移入し過ぎて泣きながら書いたことあるんで。
でもそういう時は思ってもいない方向に話が進んだり、キャラが勝手に動き回ったりして、話は面白いんだけど後に繋がらないという困ったことになりがちだったりします(^^;
で、きっと後の対談での「行き辺りバッタリ」で描いてる話に繋がるんだろうな(笑)
「続きは来週の俺が考える」って至言だと思いますwww

と、話がそれましたが「その場に落ちてたまる涙じゃなくて、そこから将来(さき)へ点々と落ちてくような、そういう涙が描ければ」という空っちの言葉に感動しました。
まさにそういう涙ですよね?銀魂に出てくる涙って(ToT)
自分で進むヤローもいれば、誰かに背中を押されたり手を引っ張ってもらうヤローもいるし、進む将来(さき)が見えなかったりもするけれど、それでもちゃんと進んでる。
そういう涙に元気や勇気もらってます。ありがとう、空っち♪


■“少年ジャンプ”魂(週刊連載を続けていく上で心がけていること)は?

「原稿を落とさないこと。締め切りは破るけど(笑)」、確かに空っちにとっては重要です、コレwwwww
後の対談をみると、その原稿も1回落としそうになったようですね(笑)
うん、1回くらいなら落としてもOKっすよ?私はへっちゃらwww
「作者急病のため休載します」となってたら、「あぁ、痔ですね?痔が悪化して座って描けなくなったんですね?」と笑って許してあげますから。立ったままで描きなさいなんて言わないから。←ちょっwww
いや~休載でも笑い取れるって美味しくね?(笑)


あれ?可笑しいな?
もっと深いい話が一杯あったはずなのに、どうしてこんな話題でしめてるんでしょう?
ま、銀魂だからいいかな~(^^
ってことで、長くなったので対談の話は、また今度ってことで(どうやら続くらしい。笑)



☆ランキング参加中☆
  にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ






スポンサーサイト

| テーマ : 銀魂 | ジャンル : アニメ・コミック |

| 銀魂etc. | 14:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ユンソナ(笑)

常にチェックが甘い私は、この雑誌の存在すら知らずにいました。
急いで立ち読みしに行ってきます!(←こらこら)
天河さんの銀魂分析と空っち分析、とっても興味深かったです。
私なんてなーんも考えずにぼけーっと読んでおりますから…。反省。

あと、長谷川さんをダメじゃないと言ってくださる方が、こんな近くに
いらっしゃったという事実に大喜びです☆ (…おまえは長谷川にとっての何なんだよw)

| NOE☆KURO | 2009/10/17 17:05 | URI | ≫ EDIT

Re: ユンソナ(笑)

まさかユンソナだとは!一生の不覚です(笑)
字が一杯で変なことばっかり書いてるのに、ちゃんと読んでくれたんですねー。
お疲れ様でした。てか、すみませんでした(^^;

私も普段はボケーと読んでるんですが、QJ読んでるとなんだかムカついてしまって(笑)
とってもいいこと書いてるんですが、どうもその書き方が気に入らないみたいです。
そのせいでなんだよQJコノヤロー的な気分だったので、つい真面目に語ってる風になってしまいました。
恐るべしクイックジャパンwww

インタビューと対談は非常に面白かったので、是非立読みしてください(^^
で、面白かったら買って上げてください。945円だしてwww
QJに銀魂ファンの本気を見せてやりましょう!
WJが4冊買えるじゃん......とか思ったら負けです(笑)

> あと、長谷川さんをダメじゃないと言ってくださる方が、こんな近くに
> いらっしゃったという事実に大喜びです☆ (…おまえは長谷川にとっての何なんだよw)

あれダメじゃないなんて言ってましたっけ?あ、ホントだ言ってますねー(^^
でも長谷川さんは、やっぱりマダオです(笑)
銀さんもそうだけど「ダメじゃない人間なんていない」という空っちの意見に私も大賛成ですv
でも人として譲れない部分のあるうちは、まだ大丈夫ってことで。
ただ、長谷川さんの場合、譲れない部分がどんどん削れていってる気がするので、ちょっと心配なんですけど。大丈夫かな?長谷川さんwww

| 天河 | 2009/10/17 18:23 | URI | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/10/19 22:38 | URI |

> R 様 ♪

そうそう「ぎんたま」って書いてるんです~。
ちゃんと点々あるから!ないとさすがにヤバイですww

いやいやいやいやwww
センセーが今も痔かどうか、私は全く存じ上げません(笑)
そんな話を以前コミックスでちらっとしてたんですが、その後話題にのぼってないんでどうかな?(^^;

え~っとたぶん間に合わなくて原稿落としちゃったら「急病のため」って言い訳するのかなと思ったんで。今まで40度の熱があっても描いてたくせに(笑)
でもそういう大人の事情には突っ込まないで「あぁ、空っちだったらきっと痔だよね?うんうん、いいよ♪」って笑って許してあげちゃうよ?っていう、そういう話のつもりでした。
ややこしい書き方してごめんなさい。本当に痔かどうかは藪の中ってことでwww

でも空っちだったら「間に合わなかった、すまん!」って、ぶっちゃけそうな気もしますね(^^

あ、秘密の呪文、ありがとうございます♪

| 天河 | 2009/10/20 10:12 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://xmetaphysicax.blog41.fc2.com/tb.php/247-7932643b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。