PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   拍手する



| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワンピース「STRONG WORLD」ARTBOOK

劇場版ワンピースの設定画集を買ってしまいました♪
意外と安いのは、中味が全部白黒だからです。
尾田センセの設定画は全てエンピツで描かれているのでww
主要キャラの全衣装からオリジナルキャラ、全てのクリーチャー、果ては建物やら背景の美術設定まで!
本当に尾田センセは、いったい何枚描いたの?ラフまで入れたらとんでもない数描いてそうですよね......

カラーは表紙と裏表紙だけなんですが、これが超絶かっこいい!
表紙はWJの3週連続表紙の続き絵のヤツでした。

表紙


そして裏表紙もこれまたかっこいい!
普通の本には裏表紙の部分にバーコードがついているんですが、これはバーコードが剥がせるシールになっていて、不自然にイラストが切れないように配慮されています。これも尾田センセの拘りだろうかv

裏表紙
*これは既にシールを剥がした後です。






設定画の他に尾田センセのインタビューも載っています。
ってことで、追記に感想をちょこっとだけ♪





   拍手する








劇場パンフによると、尾田センセは他にも60ページにも及ぶ絵入りの「STRONG WORLD 超あらすじ」なるものも描いちゃったらしいです。それも出版してくれないかなwww
設定画集にも漫画入りのアイディアノートの一部が掲載されてるんですが、そこには予告篇やらオープニング、映画のシーンが細かくセリフや音楽の入り方まで指示した漫画になっていて、もうこれ漫画っていうかアイディアっていうか絵コンテだよね !? 演出までしちゃってるよねwww
監督、やることなかったんじゃないだろうか。いやマジで(^^;
製作総指揮って言ったって名前だけの人もいるだろうに、尾田センセーは本当の本気で製作総指揮やってます。凄いです!

ただ設定画を描くだけじゃなく、そこに細かい動きまでつけてる尾田センセの拘りに脱帽。
しかもチラっと画面を横切るくらいのどうでもいいクリーチャーにまで、きちんと名前をつけている。
それは「全部この島に生息するキャラクターである」という事をスタッフに伝え、そのイメージをより明確にするために名前をつけたんだとか。
他にも麦わら一味の衣装デザインも、キャラ毎にコンセプトを決めてるんですが(ルフィ→冒険野郎、ウソップ→地球防衛軍、ゾロ→サバイバーなど)、ただ単にわかりやすく伝えるだけじゃなく、「大人数が並ぶ場合のイメージの振り分け方とか、今後の作品に役立つ方法論を伝えていこうと思って作業していた」という言葉にすっげぇ!と素直に感動しました。
アニメワンピースに尾田イズムを叩き込むその情熱とパワーに頭が下がる思いです。
だってこういう全ての作業を週刊連載と平行しながら続けてたんだもの。

元々なんで、こんなことになったかというと「アニメに関わる人の輪が崩れてきている」とTVシリーズのプロデューサーに相談されたのがそもそもの始まりだったようです。
これはTVシリーズが始まった頃は、スタッフや出演者、アニメに関連する会社の人々が一致団結して盛り上がっていたのが、時の経過とともに予定調和のルーチンワークになってしまってないか?という話。
うんうん。ありがちだよね、そういうのwww
長いことやってると慣れてくるんだけど、この“慣れ”ってのが曲者だったりするんですよね、きっと。
最初は全力出しきっても100のクオリティーを維持するのが難しいのが、だんだん慣れて上手になって楽に100を維持できるようになるんだよね。
それでも最初の紆余曲折を知ってる人はいいんだけど、スタッフも変わっていくわけで、後から入ってきた人はその後に出来上がったノウハウだけを上手に受け継いでいくもんだから、楽に回るだけのモノになっていく。
そんな感じかな?(^^;

実際に尾田センセも当初は色んな面で参画していたのが、仕事の忙しさもあっていつの間にか離れていたなと感じたようです。
そこで「これから作る映画でもう一度スタッフ全員の士気を上げて、OPが生まれ変わるような作品を作りたい」というプロデューサーの熱意に負けて「プロットだけなら」という約束で引き受けてしまったのだとか。

ところが出来上がったプロットを尾田センセ自身が非常に気に入ってしまったんですね(^^
で、自分が思うものと違う形で世に出るようなことは絶対イヤだ!ということで、拘りがどんどん溢れだしてきてアレもコレも自分でやることになってしまったという訳です(笑)
まさに自業自得www
そしてとうとうWJ編集長からは「いい加減手をはなして漫画に専念して下さい」と怒られる始末で(笑)
それでもちょこちょこ仕事を休ませてもらいながら、最後までやり切ったんですね。
だけどその間の本誌連載分も非常に面白かったじゃないですか。
もう尾田センセの執念というか意地というか、なんか凄いなと思いました。

そして何よりエンピツ描きの設定画の力強く迷いのない線、生き生きとしたキャラの躍動感。
もう絵自体にストーリーがあるというか、世界感や物語が既にその中に息づいてるような絵の数々にただただ溜息。
実は漫画家や小説家の方を“先生”と呼ぶ習慣があまり好きではないんですが、尾田栄一郎さんのことは敬意をこめて尾田先生と呼ばせていただきたいと思います。もうホントに心の底から !!

尾田先生、本当にお疲れ様でした。
是非とももう1回くらいは「STRONG WORLD」を観に行きたいと思います♪



☆ランキング参加中☆
  にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ




スポンサーサイト

| テーマ : ONEPIECE | ジャンル : アニメ・コミック |

| アニメ | 22:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ。

またまた失礼します…!
いいですね、これ!アイデア出しのラフって、見てるだけで楽しそうだし
刺激になりそうです。
スタッフみんなの士気をあげる為・・・って、作品に対する愛情があればこそ
という感じがしますね。誰しもが出来ることじゃない気がします。
だからこそ、尾田先生はすごいのかなぁ。

以前からWJの感想が、すごい分かりやすくて上手だなぁと思ってたんですが
天河さんの感想って、気持ちがすごく伝わります。
「学園BASARA」に続いて、これも買ってしまうかも^^

| 時雨 | 2009/12/27 22:46 | URI |

Re: こんばんわ。

時雨さん、こんばんわ!

カラーのイラスト集も素敵ですけど、エンピツ絵もまた味があっていいですよ~。
設定画のあちこちに書いてる尾田っちの一言メモも、なんか笑えますし(^^
これを読んでから映画を観ると、違う角度からも楽しめるんじゃないでしょうかww

> スタッフみんなの士気をあげる為・・・って、作品に対する愛情があればこそ
> という感じがしますね。誰しもが出来ることじゃない気がします。

ホントそうですよね。
ご本人は「性格だから」とおっしゃってましたが、そうやってとことん頑張れるのも才能じゃないかと思いました。
もう週刊連載をこなしてるだけで、十分凄いことなのに。

感想を誉めていただいて、ありがとうございます(^^
面白い!凄い!と自分が思った時は、言葉がどんどん溢れてきて感想を書くこと自体がとても楽しいんですよね。
だからもし良い物が書けてるとしたら、それはその作品の持ってる力のお陰です。
その面白さを少しでも伝えることができているなら、これほど嬉しいことはありませんv
凄く励みになります!時雨さん、ありがとぉぉぉっ !! (〃∇〃)

> 「学園BASARA」に続いて、これも買ってしまうかも^^

あわわ、責任重大?ww
え~っと全部で120ページ程で、インタビューは4ページです。
しっかりした紙ですし千円ならお値打ち価格だと思います。
帯についてる引き換え券を持って映画を観ると、ポストカードが貰えるそうですよ(^^

| 天河 | 2009/12/28 22:49 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://xmetaphysicax.blog41.fc2.com/tb.php/325-f0ca9686

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。