PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   拍手する



| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WJ07号感想

どうした訳か月曜日は、何かしらのトラブルが起こるような気がします。特に天候関係。
もしかして少年ジャンプを買うつもりが間違って赤マルを買ってしまった人の怨念とか、なんかそんな呪いのせいじゃないだろうか?まぁ、違うだろうけどw

毎朝、最寄駅までアッシーしてます。早起き苦手なのにぃぃぃ(^^;
だいたい7時半くらいに出かけるんですが、今朝駐車場へ行ったらフロントガラス一面に霜がビッチリと!
何コレ?こんな時どーしたらいいの !? とジタバタしてたら近所のお姉さんがお水をくれました。
水かけたらいいんだって!知らなかったよ !! 勉強になったよ、ありがとう !!!!

ま~結局10~15分くらいのロストがあったんで、きっと遅刻だなww
でも私のせいじゃないから。全ては霜が、冬の寒さがいけないんだからね。
「明日からは水を持参しろ」と言われたけど、そういうアンタが持参しなさい。
送ってもらえるだけでも有難いんじゃね?感謝の気持ちを忘れちゃいかんぜよ(^^
そんなトラブルにもめげず、帰りにコンビニで少年ジャンプだけはしっかり購入しました。
では少年ジャンプ07号の感想を箇条書きでv


■黒子。1周年で巻頭カラー。そんな派手なのは黒子らしくないと言うけど、ちゃんと中味は地味だから大丈夫(笑)ガッツリ試合の話より、こういう話の方が個人的には好き。
■ワンピース。復活したイナズマの力でエースの元まで漸く道が通ったのに、そこに立ちはだかるのはガープじいちゃん。どうするルフィ。
■NARUTO。な~んだ、イタチはサスケの幻術だったのねwwサスケはボロボロじゃねーか。
■バクマン。中井さん脱落。いい薬なんじゃねwwさてサイコー達の連載は......当分ムリっぽい?
■鰤。藍染タコ殴り。なんて事には、ならないんだろうなwあんまり「てめえを護る」とか言わないでほしい。とりあえず力を合わせて頑張ってください。
■復活。GHOST=異世界の白蘭だってさ。確かに自分が2人いたら仕事捗るだろうけど、絶対ケンカになると思う!スク登場も、なす術ナシ。つーかボロボロじゃん(^^;目には目を、吸収には吸収を。ツナの零地点突破改で対抗できるかな?
■スケット。恋に揺れるエニグマン様♪クエッチョン最高だwww
■保健室。なんかトラブるってるのは気のせいかwwしおりちゃん可愛いな♪
■彼方。面白かった♪日奈子はこれから絡んでくるカンジですか?
■賢い犬。うん、気絶させちゃダメだと思ったよ(^^; ごむぞうだったら暗黒魔人に勝てるんじゃなかろうか?でもやっつけちゃっていいもんなのかなww
■ねこ。コタツに入ったまま移動できるなんて至福だよね♪あれ欲しい(^^


「あねどきっ」終わりましたね。ラストは、まぁそうだよねっていう感じ。
ぬらりひょんの孫第90幕「迷宮・鳥居の森」と、HUNTER×HUNTER No.292「思惑」の話は追記から。
銀魂第292訓「人類みなサンタ」は別記事で。






   拍手する








まずはHUNTER×HUNTER No.292「思惑」。
ぶっちゃけ余り書くことないです。
だって1週分だと、ほとんど話が進まないもの。

唯一ネテロが王のスピードに勝る技「百式観音」の完成度に「天晴れだ」と心からの賞賛を送る王。
その見事なまでの上から目線に、思わずネテロ会長も「虫が……」と吐き捨てる。
お互いに正確無比に最善の攻撃を打ち続けるしかない、息の詰まるような根気の勝負。
集中力が切れた瞬間、それがチェックメイトの時になる......
と王に思わせておいて虎視眈々とチャンスを窺うネテロ会長。
まだまだ秘策があるようです。
次週は最終奥義「百式の零(ゼロ)」ってのを見せてくれるんだって♪
いかんなぁ~。なんか王の方を、応援したくなってきた(^^;


お次は、ぬらりひょんの孫、第90幕「迷宮・鳥居の森」。
白蔵主の言葉通り伏目稲荷へとやってきた奴良組ご一行様。
破られた封印の跡には、妖気が柱のように天へと立ち登る「京に巣喰う怨念の積柱」なる物があります。
13代目によるとそれは京妖怪の力の源泉であるらしく、知らずに立ち入るのは危険なようです。
伏目稲荷は最初に破られた封印ですから、そこにある積柱は一番最初に出来たということになりますよね。
呪術的な意味でも順番というのは重要な気がするので、伏目稲荷から順に封印を辿って弐条城へ至る道筋は正解な気がする。どうなんだろ?

花開院の本家で堂々とリクオの話をする氷麗ちゃん。
慌てるゆらちゃんが隠したものの、13代目秀元の前でも臆することなく「信念をまげず自分の力で道を切り開いてきた」リクオを信頼していると言いきり、自分が妖怪であることすら隠しません。
そんな氷麗の語るリクオの言葉「オレは人にあだなす妖怪は許さねぇ」を聞いて、秀元だけでなく竜二も思うところがあったようです。
以前の戦いの中で彼も、ヨルオが自分を傷つけないことを不思議に思っていましたからね。
花開院家との共闘の準備は着々と進んでいるみたいです(^^

一方、伏目稲荷の中を手分けして探索していたヨルオご一行様ですが、淡島が千本鳥居の迷宮に迷いこんでしまいました。ヤバイよ、淡島www
いやいや淡島もこの辺りで、いいとこ見せとかないとネv




☆ランキング参加中☆
  にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
  にほんブログ村





スポンサーサイト

| テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 | ジャンル : アニメ・コミック |

| WJ感想 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://xmetaphysicax.blog41.fc2.com/tb.php/353-d6c5f68f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。