PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   拍手する



| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

届いた―!

『銀魂五年生』だ―!

ちゃんと2日の夜に届きました!S急便ありがと―♪
もうこんなキャラいらんわっ!てとこまで載せてくれてありがと―♪
明らかにコレただの語呂合わせだろっ!って感じの誕生日をありがと―♪

という感じの『銀五』感想は追記からww
死ぬほど長いですが、銀魂よりも『まんがかのおじさん』の話題ばかりです。
スミマセン(^^;






   拍手する






いや~もう凄いボリュームで、ジャンプのない今週発売で本当によかったです!
ジャンプ読むより大変だよコレww

『白夜叉降誕』のポスターよかったですよ~。
いや―、これに載るなら赤マル買った意味なくね?とか思ってたんですが、違った!
裏もちゃんとあった!もうそれだけでオッケーですから♪

で、キャラクター紹介ですけども。
気になったのは、編集長、小西さん、吉沢さんなどのジャンプ関連の方達のデータはご本人のモノなんですか?まあそれを知ったからといって誕生日プレゼントを贈りたい…なんて気持ちは全然ないので、どうでもいいっちゃ―どうでもいいんですが(^^ゞ

そして鳳仙さんの誕生日が8/10なのは「夜兎(ヤト)」だから?
同じく 隈無清蔵さんの誕生日が10/10なのは「ト―ト―」だから?
うん、語呂合わせなのはわかるんだけどね(^^;
え~っとぉ、8/10は高杉だったり、10/10は銀さんだったりするんでね、もう少しこう配慮と言うか何と言うか......あってもよかったんじゃないの―と思ったり思わなかったり。

まぁ元々、高杉の誕生日だって「野獣」とかそんな語呂合わせなんだろうし、銀さんだって「分摂り過ぎ尿寸前」とかそんなんかもしれないんでしょうけども。
きっとここは笑って流す大人な態度が相応しいんでしょうが、ホント子供でスミマセンww

個人的に面白かったのは『まんがかのおじさん』のコーナーです。
『漫画描いてるオッサン』じゃないんだなww やっぱ原作者だけのことはあります♪

まずは3日間徹夜して夜中の3時に原稿をあげて、仮眠も取れずにそのままGO!
という過酷なスケジュールの社会見学(^^;
もういいよ―、やめてあげて―!そこまでしてマヨネーズ工場に行く意味がわかんないよ―(ToT)
ってか取材スタッフ―!そんなとこで笑いは必要ないんだよぉ !!
いや、寝坊で取材をスッポかすとか、めちゃくちゃ面白いんですけどね。
空っち寝てない訳ですからね?ちょっとは、そういうとこに気を使おうよw

その後、ライターの寝坊に怒りまくる編集Sさんと空っちとカメラマンは叙々苑で昼食。
ここでも最後に食べるつもりだった空っちのサラダを、編集Sさんが強奪するという事件がw
もうコレは一生言われ続けるでしょうね。食べ物の恨みは恐ろしいんだよww

最後の見学場所はWJの印刷工場だ―!
いつも原稿が遅い空っちは恐縮しまくりで、見学前に「自己紹介はナシでいこう」と打ち合わせたにも関わらず、現場の方々に「『銀魂』の空知先生です!」と大声で紹介してしまう編集Sさん!(爆笑)
天然?つ―かただの嫌がらせじゃね?いや~ちょっとSさん好きになったわww←

たしか前に「締め切りの朝にネームが仕上がって、その日の夜中に原稿をあげる」という話を聞いたことがあったんですが、それはあくまでも一番遅い場合の話だと思ってたんです、私。
まさか、ほぼ毎週そうだったなんて!(笑)

なのでこの日も、前日(というかその日の朝)空っちの原稿待ちをしていたWJ担当の営業さんは、そのまま公休ということでいらしゃいませんでした(^^;
そうなんです。この工場見学ではその日の朝に空っちが入稿した『銀魂』の原稿が、粛々と作成されていく工程を拝見するという、まるで原稿遅れた空っちに対する罰ゲームのような企画なんですねww
しかも、何気に空っちの原稿は特に汚れが酷くて大変だ…なんて説明してあったりして(笑)

これ、編集部(というか編集Sさん)の策略じゃね―の?
「オメ―が遅いせいでどんだけの人間が苦労してると思ってんの?
 ちょっとでも申し訳ないと思うなら、次からはもっと早く入稿しなさいよ?」
という無言のプレッシャーなんじゃないかと思いました(^^ゞ

と、なんやかんやで編集Sさんと空っちが印刷工場の前で土下座www
もう涙出そうだよ...... (笑い過ぎてとかそんなんじゃないからね?汗)


次の企画は空っちの自宅訪問♪
いやいやいや、これも不味いだろwww
先週の「ジャンBANG!」で久保先生のアトリエ公開したばっかりなのに、コレはないでしょコレは。
なんだか、これまた罰ゲームみたいになってるじゃないですか(^^;
とりあえず久保先生のアトリエが異様にオシャレなだけですから!
普通の漫画家はこうなんですよ、きっと。てか男のひとり暮らしと思えばマシな方ですよね?
それにしても、唯一公開されなかった空っちの自室が気になりますね~。
PSPのソフトが行方不明になっちゃう部屋ってどんな状態なんでしょうか?
DSじゃないよPSPですからね?7センチ弱はあるUMDな訳ですからw
あ、いやいやいや。それはきっとモンハンばっかりやってて仕事しない空っちを見かねて、編集Sさんが隠しちゃったんだよね!うん、そういうことにしておこう !!

最後の企画はロングインタビュー。
今回はライターさん相手だったせいか、いつになく真面目に答えてて読みごたえがありました。

以前、30巻くらいで終わらせたいと言っていたのは照れとか大きなことを言いたくないとか色々思うところがあったのでしょうが、ファンとしては少し心配だったりもしましたよね。
その後発売された単行本(28巻でしたっけ?)でもその事にふれて、30巻では終わりそうにないからもう少し続きます…とか何とか言ってましたよね。
きっとそれは空っちなりの言い回しであって、本当にもう少しだけって訳じゃなかったんでしょうが、これまた「“もう少し”しか続かないの?」と突っ込まれたりしたんでしょうか(^^ゞ
今回は「応援してくださる声が聞こえる限り続けたい」という意味のことを、はっきりと断言されてました。

そして編集Sさんのことをかなり擁護されてたので、少し驚きました。
少し思うところがあって(というか悪口だったりもするので)反転します。ごめんなさい(^^;



実は第238訓のぐちり屋の話がWJに掲載された時に、少し不満がありまして。
それは完全に担当編集のミスじゃないか?と思ったので、以来Sさんは余り好きじゃなかったんです。
オチへと続く最後の大きな振りと肝心要のオチが同じ見開きページで掲載されたんですよ。
そのせいで最大の振りを生かせなかったと思うんです。
だってページを開いたら振りを読んでる時に嫌でもオチが見えてしまうんだもの(^^;
それってギャグ漫画にとっては致命的なミスじゃないですか?
第235訓の鎖のミスも当然やらかしたのは空っちですが、編集さんだってただ原稿受け取るだけじゃなくてチェックってもんをするのが当たり前でしょ?
もちろん空っちの入稿が遅くてそんな余裕がない!ってのもわかるんですけどね(^^;
で、きっと私と同じように思っている人がいて、そんな声が届いてしまったんでしょうか。
なので編集Sさんへの熱いエールとなったのかなと思いました。



Sさんの漫画に対する情熱の凄さは、私も何となくわかる気がします。
ヲタクだからかもしれないけど、でもヲタクだからこそ半端ない情熱なんだよね、きっとv
自分もヲタクの端くれとしてわかる気がします。
次はどなたの担当になったのかわかりませんが、どうぞ頑張って下さいね。
そして新しい担当のT大卒の方、どうぞ空っちをヨロシクお願いします♪
ってか、私は空っちの母ちゃんじゃねえっつ―のwww


だ―長いっ!何をダラダラ書いてるんだか(^^;
こんなところまで読んでくださってるアナタは凄いです。本当にありがとうございました。
で、画像を使いたいと思ったらまだありませんでした。これもGWのせい…
そのうち表示されるでしょうから、とりあえずのっけておきましたv



銀魂-ぎんたま-公式キャラクターブック 2 (ジャンプコミックス)






スポンサーサイト

| テーマ : 銀魂 | ジャンル : アニメ・コミック |

| 銀魂etc. | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://xmetaphysicax.blog41.fc2.com/tb.php/61-92c9e1fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。